アイキャッチ

カリモク60【定番カラー】ウォールナットor【新作カラー】ブラックブラック

こんにちは。
VANILLA郡山店のイガラシです。

今回のカリモクシリーズは、「Kチェアスタンダードブラック」と「リビングテーブルウォールナット」の定番カラーでのレイアウトと「Kチェアブラックブラック」と「リビングテーブルマットブラック」の新作カラーのレイアウトを比較してみました。

カラーの違いだけでイメージもテイストも変わる

張地や構造、木材が同じでもカラーの違いでイメージが変わり、好まれる年齢層も変わる、雰囲気やテイストもガラリと変化するんです。

これまでのブログはこちらから↓
カリモク60の誕生
カリモク60張地のすべて
カリモク60張地のすべて②
カリモク60木部と塗装のすべて
カリモク60Kチェアとロビーチェアの違い
カリモク60+のダイニングチェアを選ぶ理由
カリモク60+ダイニングテーブルに合わせるチェア
カリモク60リビングテーブル?orカリモク60+カフェテーブル?
カリモク60リビングテーブル?orカリモク60+カフェテーブル?②
カリモク60+デスクなら一生モノに。
こどもの日にカリモク60Kチェアミニ!
カリモク60+ロビークッションが手放せなくなる?!
父の日にカリモク60の贅沢な空間を。
「カリモク60ヴォルテライトブラウン」or「マルニ60TATSUNOレザー」

カリモク60Kチェア1シータースタンダードブラック&カリモク60リビングテーブルSウォールナット
カリモク60Kチェア1シータースタンダードブラック&カリモク60リビングテーブルSウォールナット

まず、VANILLAで定番化しているレイアウト。
カリモク60Kチェア1シータースタンダードブラックリビングテーブルSウォールナットの組み合わせ。
正直私たちがおススメしなくても、お客様自身が選ぶことの多いカリモク60セット。
なぜ多くの人に好かれるのか…私なりに考えてみました。

突然ですが「木」を描いてみてください。

先日、小学生のお子様に書いて頂いた絵画
先日、小学生のお子様に書いて頂いた絵画

ほとんどの方がブラウンを使って木を描きませんか?
日本人だからこその固定概念なのかもしれませんが、白木もあるはずなのに幼稚園に通うお子さんたちでも木を茶色で描くことが多いと思います。
それだけブラウンのウォールナットが身近に感じられるカラー、木と言えばウォールナット、そんな感覚が定番のKチェアに引き込まれる理由の一つなのかなと。
張地のブラックが後押しをしている部分もありますよね。
合わせやすいブラックの張地とブラウンのアーム、それこそがカリモク60の定番が好まれる理由。
また精巧な作り、出で立ちが日本らしさそのままが詰まっていると言っても過言ではない、そんなKチェアなのかなと思いました。
テイストも選ばない、和室だってモダンなお部屋だってしっくり来てしまうカラーリングとデザインが「カリモク60といえばこれだよね!」と私たちの心を掴んだのはないでしょうか。

カリモク60Kチェア1シーターブラックブラック&カリモク60リビングテーブルSマットブラック
カリモク60Kチェア1シーターブラックブラック&カリモク60リビングテーブルSマットブラック

では、新作カラーのカリモク60Kチェア1シーターブラックブラックリビングテーブルSマットブラックではいかがでしょうか。
基本的にカラーをブラックにしただけ、木材も構造もウォールナットと変わりはありません。(価格はリビングテーブルのみ、マットブラックが+2,160円税込)
ですが、確実にカッコよさ、高級感が一段と増しています。
そもそもブラックのイメージ=男性的・クールなどと感じてしまうのか。
個人的意見が強めなので悪しからず…汗。
スーツや高級車のイメージ、洗練されたカラー、ファッションでは引き締まったイメージを与えているかなぁと感じます。
そしてクレジットカードの最上級はブラックカード笑。
ちなみに黒は有彩色(黄や赤など)をもっとも引き立たせる色だそうなので、差し色を加えることでブラックの落ち着きや高級感、モダンな雰囲気をよりプラスすることが出来そうですね!
艶があるブラックではなく、マットブラックとなるので高級感の中にカジュアル感も加え、若い年代、若い男性をターゲットにしているのだと思います。
前回のリミテッド企画でも、オールブラックが1番人気だったようですよ*

いかがでしたでしょうか。
イガラシなりに惟た結果ですが、頷ける部分はありましたでしょうか。
現在、定番のウォールナットをはじめ、ブラックブラックも展示しているので、ご来店頂ければ実際に気になるレイアウトに変更も可能です◎
気軽にお声かけ下さい*

本日はここまで。
次回もお楽しみに!

※本文中に記載がある価格は2018年6月現在の価格となります


*一般住宅/商業施設などコーディネートご提案します

*オフィス空間のご提案、ワークチェア法人お見積りお受けします

VANILLA koriyama
〒963-8862
福島県郡山市菜根1-20-16 定功ビル1F
TEL:024-973-6091
FAX:024-973-6092
MAIL:shop-vk@nonversus.jp
【OPEN】13:00~19:00
【CLOSE】毎週火・水曜

■SNS日々更新中!お気軽にフォローください◎
twitter:VANILLAkoriyama
instagram:vanillakoriyama


The following two tabs change content below.

イガラシ

趣味嗜好:ジム、音楽(主にスカ・ロック) 最初に買ったインテリア:イームズヴィンテージシェル インスタグラム:@ayumiigarashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です