張地のすべて

カリモク60張地のすべて

こんにちは。
VANILLA郡山店のイガラシです。

「カリモク60とは」第2弾!
本日はカリモク60の張地についてご案内したいと思います。
前回「カリモク60の誕生」と題しまして、カリモク60の歴史から人気商品カリモク60Kチェアスタンダードブラックの善し悪しをお話させて頂きました。
今回はブラック以外の張地の特徴、お手入れ方法などもお届け出来ればと思っております*
早速ですが、少しの間お付き合いください~◎

前回のブログはこちら↓
カリモク60の誕生

スタンダードアイボリー
スタンダードアイボリー

プロテインレザーと呼ばれ、シルクのプロテイン成分を含んだビニールレザーのスタンダードアイボリー。
ブラックとは違い、さらっとした手触りはリアルレザーのような感覚、また夏場はベタベタしにくいのです。
アイボリーということもあり、汚れを気にされる方が多いですが、ブラックと同様、基本的には乾拭き、気になる汚れには中性洗剤を薄めたぬるま湯に布を浸し、固く絞って拭いて頂ければ、大抵の汚れは落ちるので気にせずお使い頂きたいです!

モケットグリーン
モケットグリーン

ブラックと1・2位を争っている人気張地モケットグリーン。
昔の電車やバスの座席と同じパイル地、耐久性が1番強い張地となっております。
また特有の経年変化(※毛足があるのである程度の期間加重がかかると毛が寝て、味が出ます)が楽しめ、1年通して使いやすい張地です。
お店では「夏場暑そうだけど‥」なんてお言葉を頂きますが、まったくその逆でさらっとお使い頂けます◎
手触りも抜群なので無駄に触りたくなるのは私だけでしょうか笑。
ロビーチェア3シーターだったら、確実にゴロゴロした挙句寝ちゃいますね~
汚れもすぐに染み込むというわけではないので、すぐにたたき拭きして頂ければ大抵の汚れは気になりません。
VANILLAでは、コーヒーやカレーをこぼす実験も行ってみましたが、「中性洗剤を薄めたぬるま湯に布を浸し、固く絞ってたたき拭き」できれいになりました!
ただ、カレーの美味しそうな匂いは若干残りました苦笑。
もちろん数日で消えましたのでご安心を◎
なお、アイロンやスチームは絶対にNG、熱によって溶融してしまうので使用しないでください!!

タープグリーン
タープグリーン

縦糸(黒い糸)と横糸(微妙な光沢が入った緑の糸)を交互に浮き沈みさせて織る平織りのファブリック、タープグリーン。
モケットグリーンに比べるとカジュアル感が強くなり、北欧テイストのお部屋には特におススメしたい張地です◎
基本的なファブリックのお手入れはエチケットブラシ、または掃除機でゴミを吸い取って頂ければ問題ありませんが、どうしても気になる頑固な汚れには、カリモク推奨ユニタスファーイーストのテキスタイルキッドがおススメです◎

タープブルー
タープブルー

また、こちらも平織りのタープブルー。
タープグリーンのブルーバージョンとなります。
1年前ほどに定番化した新人ですが、ブラック・モケットの上位争いに仲間入りです!
遠目で見るとデニムのような風合いがあり、タープグリーンとは違ったカジュアルさが、特にデニム好きな男性に人気商品となっております。

フラノベージュ
フラノベージュ

カリモク60のラインナップの中でもプレミアム商品、店舗販売限定商品となっており、WEBでのお買い求めは不可能なフラノベージュ。
経年変化が著しく、材質の特性をご理解頂いたうえでお買い求め頂きたい商品なので、まずはお店にご来店頂きたいのです。
なお、お店のフラノベージュは展示してから3年半ほど経過しているものなので、新品とは異なる部分が多くあります。
張地はウール、アームはチェリー材を使用。
ウールと聞くとあたたかいだけのイメージが強いですが、ウールは「天然のエアコン」と言われており、夏でも涼しく快適に過ごせちゃうんです。

ヴォルテライトブラウン
ヴォルテライトブラウン

同じくこちらもカリモク60のプレミアム商品、店舗販売限定のヴォルテライトブラウン。
張地は本革、アームはオーク材となります。
フラノベージュと同じように展示してから3年半ほど経っているので、革の日焼けが深みを感じさせてくれます。
また、本革だからこその傷やしわなど、「生きていた証」がどこに入るのか分からないのも本革ならではの面白さ。
夏場のベタベタも気にならず、革好きにはたまらない「味」がふんだんに楽しめますね◎

今回はカリモク60Kチェアに使われている張地のみをご紹介させていただきました。
ロビーチェアやダイニングチェアでは、Kチェアにはない張地が登場するので是非次回、お話させて下さい!
張地によって座り心地に違いがあり、その人それぞれの感じ方、好みも分かれるので「どの張地にするのか」が一番の悩みどころかもしれませんね。
また、現在定番にあるウールナップブラウンの張地がおおよそ今年の年末までには販売終了となる見込みです。
ご検討頂いているお客様はお早めにご決断頂ければと思います。
まずはお店に来店して頂き、一つずつ試して頂きたい◎
my best of カリモク60を選びましょう!


VANILLA koriyama
〒963-8862
福島県郡山市菜根1-20-16 定功ビル1F
TEL:024-973-6091
FAX:024-973-6092
MAIL:shop-vk@nonversus.jp
【OPEN】13:00~19:00
【CLOSE】毎週火・水曜

■SNS日々更新中!お気軽にフォローください◎
twitter:VANILLAkoriyama
instagram:vanillakoriyama


The following two tabs change content below.

イガラシ

趣味嗜好:ヨガ、音楽(主にスカ・ロック) 最初に買ったインテリア:イームズヴィンテージシェル 今欲しいインテリア:サンフラワー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です