FUTAGAMIのペンダントランプの選び方

vanilla郡山店のニイツマです。

先日もご紹介したFUTAGAMIのペンダントランプ。今日はその時のブログではご紹介しきれなかったポイントをいくつかお伝えします。店頭でご購入される方にはお話をしている内容なのですが、検討中の方も予め知っておくと後々良かったと思えると思います!前回のブログは下記をご覧下さい。

参考記事:FUTAGAMI(二上)の真鍮ペンダントランプ

まずFUTAGAMIのペンダントランプの共通点としては下記の3つ。
・口金サイズE17
・対応電球60Wまで
・真鍮のシーリングカバー付

嬉しいのは真鍮製のシーリングカバーですね。ねじも切られているのでコードに負担をかけずに固定ができます。また、後述しますがこのシーリングカバーが取付時の注意点になります。

選ぶ時に見ておきたいのが『表面/内面の仕上げ』、『形(デザイン)/大きさ』の2つ。特に表面の仕上げはその印象も大きく変わりますので、どんな空間いしたいかを考えながら選んでいきましょう。形は明星(大/小)、円錐、半球、星影、ランタンランプがあります。

まずは『表面の仕上げ』。FUTAGAMIのペンダントランプの表面の仕上げは2種類、「鋳肌(いはだ)」「黒ムラ(くろむら)」があります。黒ムラに関しては前回のブログでもお伝えしましたが、鋳肌は簡単に言うと鋳型から取り出してそのままの状態です。二上では鋳物を作る際、砂型の鋳型を使っています。なので鋳肌の商品は少しざらついたような仕上がりで風合いがあります。ペンダントランプの明星は磨きをかけて少し艶を出しています。いずれも経年変化で最終的には深い色合いに落ち着くと思いますが、鋳肌のままの方が変化がわかりやすいですし黒ムラは他では見られない独特の佇まいがあります。

星影:(左)鋳肌のまま/(右)黒ムラ

星影:(左)鋳肌のまま/(右)黒ムラ

また、ご予算的なところで黒ムラの方が鋳肌のままよりもお値段が上がりますので、その点も注意が必要ですね。

『形(デザイン)/大きさ』は正直なところお客様の好みで問題ありません。「星影」は唯一シェードの上部が抜けているので、光が天井にも届きます。実はこの上部の抜けが星型になっていて、星形の影が映る仕組みになっています。明かりで照らすだけでなく、明かりで作られる陰までもデザインしたこだわりの一品です。

天井に写る星の影

天井に写る星の影

『内面の仕上げ』ですが、円錐と半球のみ仕上げを選ぶことができます。内面の仕上げは「削りだし」「鍛金(たんきん)」の2種類。削りだしは名前の通り、面を削ることで均一に仕上げ、光がきれいに反射するようにしています。一方で鍛金は、金鎚で叩いて仕上げます。この叩いた跡を「鎚目(つちめ)」というんですが、職人による手作業で行われるため、1つとして同じ模様はありません。お写真を見比べるとわかりますが、鎚目のほうが人の手が入った分、素材感があります。そして、この鎚目をつけることができるのも真鍮無垢だからこそ。

削りだし

削りだし

鍛金(たんきん)

鍛金(たんきん)

そして、注文する際に気になるのがコードの長さですよね。通常は既定の長さが決まっていますが、実は特注が可能です。特注料金は発生しますがコードのカットや延長、お色など気になる点がありましたらお気軽にスタッフまでご相談下さい。

最後になりますが、シーリングカバーについて。最初にも触れましたが、FUTAGAMIのペンダントランプはシーリングカバーが付いてきます。これがねじ切りされているのですが、ここをチェックしないと取付時にひと手間掛かります。

シーリングカバーを固定するためにねじ切り

シーリングカバーを固定するためにねじ切り

シーリングカバーを固定しようとねじを締めていくと、写真のように隙間ができます。なので、取り付ける天井のシーリング部分の確認が必要です。

シーリングカバー内部

シーリングカバー内部

天井に取り付ける際はシーリング部分が角型かを確認。埋込タイプのローゼットなどはそのままでは取り付けができませんので、別途アダプタが必要です。

角型引掛シーリング

角型引掛シーリング

引掛ローゼット

引掛ローゼット

また、レールに取付ける際も変換プラグを使用しますが、この変換プラグの形状も注意が必要です。変換プラグの「ツメ」の位置によってプラグの幅が変わります。この幅はシーリングカバーの内側と干渉しないものを選んでください。下の写真の上のようなものがオススメです。

レール用変換プラグ/下のように幅があると取付時に干渉

レール用変換プラグ/下のように幅があると取付時に干渉

最後になりますが、普段のお手入れに関しては特別な作業は必要なく、シェードについた埃などをハタキや柔らかい布で落としてあげて下さい。また、真鍮の向きだし部分に関しては、本来であれば日々の経年変化をそのままでお楽しみいただきたいですが、元の輝きを取り戻すことが可能です。

仕上げが「削り出し」と「鍛金仕上げ」のものは市販されているピカールなどで磨いてあげると戻ります。ただ、質感などが変わってしまう可能性がありますので、ご注意下さい。そういった方のために、二上では磨き直しも対応させて頂いておりますので、気になった方はご相談下さい。

照明一つで空間の印象は大きく変わります。店頭では明星の黒ムラ(小)を3灯で展示していますので、ぜひご覧になってみて下さい。


インスタグラム企画「バニラとKチェア」

キャンペーン期間:2018年12月31日(月)まで

1.インスタグラムで「@vanillakoriyama」をフォロー
2.「#バニラとKチェア」、「#Kチェア」を付けて、Kチェアのあるお部屋写真を投稿

抽選で1名様にvanillaオリジナルブランド、826STANDARDのフロートテーブル(33,068円相当)をプレゼント致します!

*ご当選者様にはインスタグラム内DMにてご連絡をさせて頂きます
*ご当選者様発表時にフォローがされていない場合対象外となります。

天板はリバーシブルでお使い頂けます

The following two tabs change content below.
アバター
趣味嗜好:コーヒー、抹茶 最初に買ったインテリア:コンポニビリ2段ブラック インスタグラム:@s.niitsuma

*一般住宅/商業施設などコーディネートご提案します

*オフィス空間のご提案、ワークチェア法人お見積りお受けします

■2019年6月9日移転!
↓↓↓新住所↓↓↓

vanilla koriyama
〒963-8026
福島県郡山市並木2丁目1-23《地図》
TEL:024-973-6091
FAX:024-973-6092
MAIL:shop-vk@nonversus.jp
【OPEN】13:00 ~ 19:00
【CLOSE】毎週 火・水曜

■SNS日々更新中!お気軽にフォローください◎
twitter:vanillakoriyama
instagram:vanillakoriyama
Facebook:vanillakoriyama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください