vitraのスタンダードチェアとシェーズトゥボワどちらを買うべきか

vanilla郡山店のニイツマです。

皆様大変お待たせ致しました。以前ご紹介したvitraの「Chaise Tout Bois(シェーズトゥボワ)」の展示品が入荷しました。インスタグラムでは宇都宮店とコラボしてライブ配信をしましたがご覧いただけましたか?途中で途切れてしまい後半部分のみのアーカイブですが、残してありますのでぜひそちらもご覧になってみて下さい。

このシェーズトゥボワですが、一言で表現するなら木製のスタンダードチェアです。そもそも「Chaise Tout Bois」はフランス語でオールウッドチェア、つまり木製椅子を意味します。その名前の通りジョイントなど含めすべて木製となっています。

そこで今回のブログでは見た目が似ている「スタンダードチェア」と「シェーズトゥボワ」、どちらを買うべきかを、比較しながら見ていきたいと思います。入荷するまではどんな違いがあるのだろうか…、と思っていたニイツマですが、実際に見て座り比べるとかなり違う印象を受けました。このブログが選ぶ際に参考になれば嬉しいです。

まずは見た目の違いから見ていきます。どちらも背・座はプライウッドですが、その大きさは少し違いがあります。シェーズトゥボワの方が背・座ともに一回り小さいですね。また、フレームに固定するネジがシェーズトゥボワは見えないようになっていますので、フラットで気になりません。

さらに座面は膝裏にあたる部分に違いがあります。ここの違いは小柄な方が座る際に気になるポイントかもしれません。また、シェーズトゥボワの方が座面が高いです。寸法上はシェーズトゥボワの方が低くなっていますが、実際に座った感覚ではシェーズトゥボワが高く感じますね。座面自体は3次元にカーブしているので、どちらも程よいフィット感があります。

スタッフで座り比べてみましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

身長175cmのニイツマ
身長164cmのクロサワ
身長158cmのスギヤマ

脚含むフレームは見た目の通り、スタンダードチェアが金属、シェーズトゥボワが無垢材を使った木製です。金属は溶接ができるのできれいに溶接されていますが、木製なので前残などはその組みも意匠の一つとして見せています。後ろ脚の三角形と横桟の接合は滑らかできれいな仕上がりです。

また、並べて後ろから見るとわかりますが、シェーズトゥボワは脚が前後共に「ハの字」になっています。スタンダードチェアはスッと伸びた細い前足と力強い後ろ足、どちらもまっすぐ伸びていますね。細かい違いはあれど、並べて使っていただいても問題なくなじむデザインです。

そして忘れがちな椅子の重さです。重さの伝え方はリアルショップならではになってしまうのですが、椅子は動かします。特にお掃除の際、片手に椅子、もう片方に掃除機。そんなシーンが多いと思います。最近はお掃除ロボットもあるので、掃除は大丈夫かもしれませんが、椅子は出し引きするので重さが気になる方多いです。今回のスタンダードチェア、シェーズトゥボワはシェーズトゥボワの方が少し軽いですね。無垢材を使っているので思いだろうと予想していましたが、予想に反して軽いです。お店で実際に持ってみて下さいね。

さて、一通り初見で気になったところを比較してみましたが、結局どちらを買うべきなのか。

それは「自分の好み」でいいと思います。笑

比較しておきながら結局は好みかよ!ここまでブログを読んだ時間を返してくれ!と思う方もいらっしゃると思いますが、、自分の好きなものが飽きが来ず長く使えます。

それでも選び方が気になる。という方にですが、ニイツマ個人的には、いつの時代も普遍的で王道、定番が好きという方はスタンダードチェアをオススメします。デザインのルーツが1934年に誕生し、1950年には今の姿が完成され今に至るまでデザインが続いています。世界的にもコレクターが多い椅子で、名作椅子として愛されています。きっとこれからも定番として愛され長く使っていけます。

定番もいいけど、商品の背景・ストーリーが好きという方はシェーズトゥボワがいいと思います。あとは木のエイジングが好きな方。すべてが木製なので、全体的に満遍なく経年変化が楽しめます。スタンダードチェアも語れる一脚ですが、戦時中の金属の入手が困難な状況で、スタンダードチェアのデザインを守るために金属を木製に置き換え、その時代のベストを尽くし完成されたシェーズトゥボワもストーリーがあります。奇しくもイームズも戦時中のプライウッドの技術があり、DCMやLCWなどのプライウッドチェアに繋がっていますよね。

店頭では今日ご紹介したスタンダードチェア、シェーズトゥボワとスタンダードSPもお試しいただけます。また、以前のブログでもご紹介していますが、シェーズトゥボワは期間限定で、イントロダクション価格として通常の定価よりお安く購入できますのでお早めにご検討ください。


Chaise Tout Bois 特別プロモーション

■期間:2020年9月12日(土)~11月13日(金)
■内容:シェーズトゥボワのイントロダクション価格での販売
/インスタグラム連動企画


上記プロモーション期間では通常定価:91,300円(税込)がイントロダクション価格:86,900円(税込)でお買い求めいただけます。また、シェーズトゥボワをご購入の方を対象に、インスタグラムで「@vitra_japan」をフォローの上ハッシュタグ「#vitra」と「#プルーヴェと木製椅子」をつけて投稿いただくと、もれなくシェーズトゥボワのポスターをプレゼント致します。

これを機にシェーズトゥボワを買うのもいいですし、改めてプルーヴェデザインに興味を持って、まずは定番スタンダードチェアを買うのも良し。すでにスタンダードチェアをお持ちの方は合わせるもう一脚にいかがでしょうか?選び方は好みと言いましたが、もちろん空間とのバランスも大切です。その辺は長くなってしまうので続きは店頭で。まずは座りにいらして下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
趣味嗜好:コーヒー、抹茶 最初に買ったインテリア:コンポニビリ2段ブラック インスタグラム:@s.niitsuma

*一般住宅/商業施設などコーディネートご提案します
*オフィス空間のご提案、ワークチェア法人お見積りお受けします
vanilla koriyama
〒963-8026
福島県郡山市並木2丁目1-23《地図》
TEL:024-973-6091
FAX:024-973-6092
MAIL:shop-vk@nonversus.jp
【OPEN】13:00 ~ 18:00
【CLOSE】毎週 火・水曜
※17時以降は予約制とさせていただきます

■SNS日々更新中!お気軽にフォローください◎
twitter:vanilla koriyama
instagram:vanilla koriyama
Facebook:vanilla koriyama
YouTube:shopvanilla


【vanillaでは新型コロナウィルス感染症に対する取り組みを実施中です】
●従業員は全員、マスク着用での対応をさせていただきます。
●従業員は出勤前に体温を計測し、37.5度以上の体温の場合は出社いたしません。
●定期的に手洗いうがい、手指の消毒を行います。
●入口ドアを開ける等、定期的に店内の換気を行います。
●接客時は適正な距離感(ソーシャルディスタンス)を保ったコミュニケーションを行います。
●お客様が手を触れる可能性のあるところは重点的に清掃を実施します。
●当面の間、営業時間を18時までに短縮いたします。(週末・祝日含む全日)
また、多くの人が集まるイベントは開催いたしません。
今後の状況次第では営業日や営業時間を変更する可能性があります。
●店舗へお越しいただくのが難しい方へはご予約制の「オンライン接客」を開催します。
(前日までのご予約・インスタグラムのアカウントが必要です)